フライパンは、軽く、こびりつかず、
そして返しが自在! 深さも相応!




フライパンというのも買い替えの多い調理器具のひとつでしょうか。
なぜに形が崩れるわけでもないフライパンが買い替えを必要とするのかといえば、汚れのこびりつきで汚くなる! これが最大要因ではないでしょうか。
理想は、軽く、汚れがこびりつかず、美麗であることですが、その寿命は意外に短い。その理想を果たしてくれるのはやっぱりイタリア生まれ。
パイレックス フラッシュパン




しかも色も7色と多彩で、お好きな色を選べます。
利点はさらに、珍しいカタチにも工夫が凝らされます。
熱伝導が良過ぎて柄のところまで熱くなるフライパンではないんですね。横から見た形を見てもわかるとおり、取っ手の握りやすさ、奥がより深くこぼれず、煽り、返しといわれるワザが、楽々なのです。
そして、使わない時の裏返しの風情が、これまた優れて綺麗!



まだら模様になったフライパンの裏はキッチンを汚れて見せるのです。
軽く、手にしっくりとなじむ持ち手、そして前方部分が深くなっている独特の形! シェフのように火の上でどんどん振れてしまうフライパン! 豊富なカラーバリエーションもイタリア製の魅力ですね。

気をつけていただくのは22cmか26cmかショップによっては片方だけしかないこともありますから、しっかり大きさを特定、確認のうえ、お買い求めいただくだけです。
パイレックス フラッシュパン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Pyrex(パイレックス) フラッシュパン 4月26日放送のケンさんイチ押し
Excerpt: 料理のレシピが一杯! お料理の人気ブログランキングはこちら ケンさんイチオシ「これいいね~」Pyrex(パイレックス) フラッシュパン グリップから離れるに従って底が深くなる構造で、 一流..
Weblog: 「これいいね~」 マツケンレシピのアイデア調理グッズ
Tracked: 2008-08-26 02:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。